大橋の笑いの種

社会をとらえ直すためのブログ(さまぁ〜ず多め)

8/13モヤさまin厚木・海老名

厚木・海老名をぶらぶらした8/13日放送回がとても面白かったので、ハイライトをまとめます。

一言で言うと、福田アナの存在感が3割増しになり、モヤさまの原点がちらっと出てきました。

 

  • 大竹の家庭事情

冒頭のおはがきコーナーで、さまぁ~ずは奥さんの誕生日をどう祝うのか?という質問を受けてトーク

大竹さんはどうお祝いしているのか?聞いても「特に何もしてない」。そんなはずない、奥さんの誕生日に早めに家に帰っていたから、と三村さんが食い下がるも、「いえいえ、ないです。」と何も答えなかった大竹さん。

「家庭事情を何も話さない大竹」で決着がついたのに、その後、大竹さん自ら家庭事情をネタにします。

 

刺繍服を販売しているお店でヤンキーの格好をしよう、となった時のこと。

3人ともヤンキー姿になったところで、三村さん発案で、「これをやったら、お母さんに怒られる」山手線ゲームをすることに。

山手線ゲームとはご存じの通り、お題に沿った解答を順番に言っていくもので、誰もが確かに!と納得でき、お題に合っているかの判定が容易なものが解答として正しい。

で、このゲーム内で想定している「お母さん」が、さまぁ~ずの2人にとっては、いつの間にか「今のお母さん=奥さん」になっているんですね。

 

さあ、スタートです。↓ 

f:id:karasu-oohasi:20170815012729j:plain

目玉焼きを作るとお母さんに怒られる、って聞いたことないですね。

なぜ、大竹さんは怒られるのか?大竹さんは目玉焼きが好きで、朝作ることがあるそう。だが大竹さん以外の家族は目玉焼きがあまり好きじゃないので、作っているのを見つかると「え?目玉焼き作ってるの?」となるらしい。

 

気を取り直して、もう一周。↓

 f:id:karasu-oohasi:20170815145642j:plain

普通、逆ですよね。洗濯物出しなさい!とお母さんに怒られる。

が、大竹家は違う。大竹さんの洗濯物だけ別で洗っているので、他の家族の洗濯の合間で洗濯機が空いている時に、大竹さんの洗濯をする。大竹さんの洗濯物が洗濯機にあるのを見つかると、「え?入っちゃってるのー?」となるらしい。 

 

大竹さんの解答のジャッジに時間がかかり、山手線ゲームは進みませんでした。

嫌がりながら家庭の事情を話し、発表した事を奥さんに知られるのを恐れる大竹さんを見るのも好きです。

 

  • けなげな福田アナ

冒頭の海老名の七重の塔の説明で、すーごい下調べしっかりしているな、と思いました。細かい数字も交えて紹介できるって、さすがアナウンサー。

あと、何気に流行りものについても精通しているんです。ロボットが恋ダンスを踊っている時に、福田アナもこっそり振り付けをやっていました。

 

前回から、アゴを負傷している福田アナ。口が1~2cmしか開かないので、食事シーンでこっそり苦戦。自分からは「食べにくい」などひとことも言わず、焼き鳥やラーメンをちまちま食べる様子がかわいいです。

 

福田アナの言動も拾っていくと面白くなりそうです。今後モヤさまファッションショーでも活躍の余地あり。制服姿もそうだし、今回のヤンキーの格好もありでした。

 

  • 原点回帰
 名物のシロコロのお店に入ってから、大竹さんが「じゃあ、(シロコロは)食べられません」と、突然のメジャー禁止宣言。
ハワイで海禁止、とか月島でもんじゃ禁止、とか懐かしい縛りが復活です。
三村さんも言っていた通り、メジャー禁止縛りは10年前に終わってたと思いますが、復活させるなら喜んで歓迎します。接客に不安があるのも、モヤモヤしていていいですね。
ちなみにこの後、シロコロを圧縮してせんべいにしている食べ物はOKとの許可あり。これもモヤさまらしい。
 

見どころが多かった厚木、海老名回。

福田アナがアゴを負傷したのがきっかけ?なんだか馴染んできたような気がします。

カットされなくなればもっと気持ちよく見れそう~。