大橋の笑いのタネ

(さまぁ〜ず多め)

音楽へのひとめぼれは、ラジオが最適かもしれない

街中で流れる曲に、ふと心を奪われることはないだろうか。

メロディが耳に入ってきた瞬間、意識が持っていかれる感覚。

だれの曲だろう、なんて言う題名だろう、知りたい欲がどんどん出てくる。だって手掛かりがないと、もう二度と出会うことは出来ないから。ひとめぼれと同じ。

私には、ひとめぼれして、探して探してやっと知ることができた曲との思い出がある。

 

f:id:karasu-oohasi:20181208190028j:image

 

マルーン5  “She Will Be Loved”

She Will Be Loved

She Will Be Loved

テレビのCMで流れていた。美しくて静かで、日常からふっと違う世界に飛んでいくような気がした。何回かCMを見て、一瞬映るクレジットにて”マルーン5“という手がかりを手に入れた。

いざCDを手に入れて歌詞を読んだり、YouTubeでミュージックビデオを観たりすると、最初に感じた世界観と大きく違って衝撃をうける。

普通にテレビなどで見かけていたら、最初の印象は無かったかもしれない。

 

エリック・クラプトン  “Change the World”

Change the World

Change the World

夜の定期便でおなじみのラジオ、ジェットストリームで流れてきた。

仕事終わりに家に着いて、ちょうど車のエンジンを切ったときにギターの旋律が聴こえてきて、静かな闇の中で聴き入っていた。歌詞がシンプルで、可愛らしくて愛おしくて、ぐんぐん希望のようなものが湧いてくる。ギターの技術なんて気にしたことがなかったのに、ギターソロが心地よくてたまらない。ひとつひとつの旋律を息を凝らして聴いていた。

ちなみにジェットストリームでは何の曲を流したかがサイトに書いてあるし、サビが分かるから題名もすぐ分かり、苦労せず知ることが出来た。

 

ハンバートハンバート “おなじ話”

おなじ話 (ALBバージョン)

おなじ話 (ALBバージョン)

  • ハンバート ハンバート
  • J-Pop
  • ¥200

これはだいぶ前の話。学生の頃にラジオから流れてきたと思う。

実はまだ、あの時の歌がこの曲だと断定できない。たどり着くまでに長い時間がかかった。

当時は手軽に携帯で検索することも出来なかったのだ。曲名を先に言っていたのかどうか、聞いて「お!」と思った後も、パーソナリティが曲の紹介をすることはなく、迷宮入りしてしまった。

手がかりは女性と男性のボーカルが会話するように交互にフレーズを歌っていて、他はギターだけという事。結局、何年も後でラジオで『おなじ話』がたまたま流れて、聞いた時に「あの時の!!」となった。

今でこそハンバートハンバートはCM曲もやっているが、また出会えたことは奇跡だと思っている。

 

バックナンバー “高嶺の花子さん”

高嶺の花子さん

高嶺の花子さん

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250

季節はまだ春で、よく晴れた昼下がり。車に乗っているとラジオから聞こえてきた。

メロディの爽快感と、歌詞の可愛らしさに一気に引き込まれた。で、曲名が「高嶺の花子さん」と知った時の愉快さと。

この曲の舞台が夏だから、その後に『ヒロイン』『クリスマスソング』がヒットしても、私の中ではバックナンバーと言えば青春。青々とした季節〜夏のイメージだ。

 

 

かつてテレビの音楽番組も好きだった。画面からミュージシャンの情熱が伝わってくるし、カメラワークはかっこいいし、アーティストの奇抜な格好は目を楽しませてくれる。

でもテレビで出会った曲は、今わたしの中に残っていない。

いつ出会ったのかも、出会った瞬間の感動も、覚えていない。

 

テレビは、最初から知りたい情報が詰め込まれている。なんならアーティストのマイブームとかも分かる。

だが始めの段階ですべて知らされてしまっては、お腹いっぱいになってしまう。肝心の音が聴こえてこない。

 

その点ラジオは、情報が音だけに絞られる。

いいじゃないか、本来音楽は耳で聴くものだ。

そしてラジオは、現在のヒット曲だけでなく往年の名曲、洋楽もかかる。自分の意図しない時に知らない曲と出会うドラマチックさに、心が奪われる。

 

秋の夜長にラジオはどうですか。

11/11 モヤさまinあらかわ遊園

大竹さんが活躍した回でした!

舞台はあらかわ遊園周辺。

 

あらかわ遊園

あらかわ遊園って、荒川区が運営している遊園地だったんですね。リニューアル工事で12月1日から休園してしまうとの事で驚きます。

2021年夏にリニューアルオープンするて事は、オリンピックの時は閉めてますから・・・さすがあらかわ遊園

レトロな雰囲気が溢れる遊園地。乗り物チケットがずらっと連なる入場券ひとつとっても、ああ、昔ってこうだったかも、今となっては逆に新鮮、と思います。

 

乗り物の中でコーヒーカップは、28年の歴史がありながらリニューアルにて引退するそうで。おじさん2人で乗り納めます。

三半規管が弱い大竹さん。若い時だったらくるくる回してたという三村さんも、控えめに回します。

それでも酔いそうになる大竹さん。

f:id:karasu-oohasi:20181125231807j:image

必死にカメラ目線。

 

・焼き芋専門店

「さつま芋ショップ いもん子」

店先での会話「焼き芋好き?」に、三村さんも福田アナも「好き!」と答えたのに、大竹さんは「あんまり・・・」と言葉を濁す。でもお店で出された甘いねっとり系焼き芋にハマり、ぱくぱく食べる大竹さん。

「焼き芋そんなに好きじゃないってさっき言ってた」とご主人の前で暴露されます。

でもご主人にとっては、大竹さんの考えを自分の焼き芋で覆すことができて、嬉しかったでしょうね。

 

・ところてん屋さん

「山内商店」

サーファーでもある店のご主人が、波乗りの練習をしているというガレージにおじゃまし、体幹レーニングをしてみます。膝の懸念がある三村さんがスケートボードをやって、ヒヤリハットします。

その後、三村さんより筋もよく、膝の心配も少ない大竹さんが調子にのった結果、大きく転倒。

その衝撃でテンションがだだ下がりする大竹さん。

その後、町工場の技術に関心を持たなかったり、眠くなったりしてしまいます。

 

さまぁ〜ずの2人も良い年になっているので、ケガをすると本当に心配。

三村さんの五十肩とか、老眼とかは前からちょいちょい出てますし、さまぁ〜ず×さまぁ〜ずでも老化した話は面白いのですが、無茶はせずに元気でいてほしいです。

 

11/4モヤさまin柴又

寅さん効果で観光地になった柴又(ただしベテランの方に限る)。

 

男はつらいよ』の新作をつくるそうで。どうやって?と疑問が渦巻きますね。

観た感想はたぶん、うまい事探して合わせたな〜だと思います。言葉とか流れとか入ってこず、どうやったんだろう、という技術面に思考が引っ張られそうです。

年配の方はそうじゃないんだろうか。もう二度と見られないと思った寅さんが、動いてしゃべっているとなると、感動なのかな。

 

とにかく寅さんと帝釈天の街、柴又です。

柴又のハイライトは、ドローンの飛行施設DJI ARENAでの、最新型ドローンの体験です。

 

今のドローンはセンサーやカメラの性能が上がっているそう。

手を離しても同じ場所に滞空できるし

三村さんの股の間をくぐらそうとしてもセンサーで障害物とみなされ止まるし

そして、操作するのにもはやリモコンがいらないそうだ。

f:id:karasu-oohasi:20181115233833j:image

かわいい。自分の所に戻ってくるってのはかなりかわいい。

ルンバが人の心を掴むのと同じくらい、ドローンも人に愛されようとしている。

任務を終えて手のひらにそっと舞い降りるなんて、まるで鷹匠と鷹のようではないか。

 

で、三村さんがドローンの手のひら操作にチャレンジします。

f:id:karasu-oohasi:20181115234744j:image

手のひらだったら誰でもいいんかい!!

そんな所もかわいい。

 

 

 

 

7/22モヤさまin宇都宮

やっとこさアイコンを描きました。

前に書いたモヤさま上野回にインスパイアされました。以後お見知り置きを。

 

さて、2回分モヤさまがすっ飛ばされている今日このごろですが、7/22に放送されたモヤさま宇都宮のハイライトを。

と言っても個人的にツボだった所だけです。あと4コマにしやすい所。

 

断っておきますが、私は「大竹さんにウケたくて話をする三村さん」や「笑いすぎてしゃがむ三村さんを、視線で追う大竹さん」が好きなんです。

 

・大谷資料館

f:id:karasu-oohasi:20180804234949j:image

f:id:karasu-oohasi:20180804235031j:image

採掘場の中に入ると寒いくらいなんだそうです。

広い空間があり、舞台として使っているということなので、登ってみる3人。マイナーだけど大竹さんが大好きなふかわりょうのネタを言ったり、流行りの文句を小さな声で叫んだりします。

 

・お猿さんがいる居酒屋

「かやぶき」

猿NGの三村さんはずっとびくびくしていました。

お猿さんがおしぼりをお客さんに出します。お猿さんの覆面ショーの出来がよく、また予想を裏切り、盛り上がります。

 

・オネェ系ダンサーがいるダンス教室

「大平ダンススクール」

これを絵にして伝えたかった。悩んだ末、表現しきれないので描かず。

アパレル店員をやっているというSATOKOさんに普段の接客を再現してもらう。洋服のプッシュの仕方と引き際が絶妙。楽しいし、距離感ばっちりだし、いいですね。

 

次のモヤさま放送は8/12日です。

7/8 モヤさまin上野

外国のものと人が溢れて、もはや外国みたいな街、上野をぶらぶら。

伝統と新しさが混在している上野にふさわしく、ハイライトもこんな感じ。

 

パンダそうめん

上野公園のそばにある食堂で、『パンダそうめん』というのぼりを見つける。実は前に『カレーそうめん』を食べた所。夏はパンダそうめんが定番らしい。さっそく注文してみると・・・まさかのものが来る。

f:id:karasu-oohasi:20180719004112j:image

なんの食材でもパンダ作れるじゃん!

でもおかみさん曰く、海苔だと水に溶けちゃうから、考え抜かれてチョイスされた食材らしい。

パンダそうめんに倣って、大河で人気が出ている西郷さんの丼、『西郷丼』を作ることになる。丼で下はご飯なので、今度は海苔が使える。海苔が使えると、眉毛も、目も、口も海苔で作れちゃうので、海苔オンリーの海苔丼が出来上がる。

いらないよ、むしろパンダそうめんも子供が喜ぶくらいだよ、と言うさまぁ〜ず。だけど、パンダそうめんは定番になってるみたいだし、そこそこ人気なのかな?

f:id:karasu-oohasi:20180719144658j:plain

ちゃんとパンダを楽しんでいました。

 

子供の頃に読んだ本『キツネ山の夏休み』富安陽子

大好きな本。

夏のにおいがすると読みたくなる本。

どこが好き、と言われると困る。

夏休みの始まりの期待と不安、むせるほどの草のにおい、 祭りのにぎやかさ、静かに秋が混じっていく風。暑さにまぎれて見える不思議な世界。

夏休みがぎっしりつまった物語である。

 

『キツネ山の夏休み』富安陽子 著 

キツネ山の夏休み (ジョイ・ストリート)

キツネ山の夏休み (ジョイ・ストリート)

 

 

弥(ひさし)がおばあちゃんの家がある稲荷山で過ごす夏休み。

弥と遊ぶのを待っていたかのように、いくつもの不思議な出会いがある。中でも猫の大五郎がとてもいい味を出している。最近ネコが好きだから、よけいそう感じるのかもしれない。

この本のいい所は他にもいっぱいあるだろ!オキ丸と空を飛ぶところとか、など色々意見があると思うが、それでも大五郎の魅力を知ってほしいと思う。

猫の大五郎

まず、おじさんに変身して弥を迎えに行き、荷物を持ってあげた時。

おじさんは二つの荷物を両手にもって、ちょっと考えてから、重い旅行かばんのほうを、そっと弥の手の中にもどしました。

「じゃ、まいりましょうか。」

どうです? このふてぶてしさ。

大五郎は長く生きている猫股。オキ丸とは違って普通に(?)しゃべる猫として存在しています。

「なんでしゃべれるんだ」と怖がる弥に「猫がしゃべっちゃいけませんか」と反論し、「しゃべる猫は化け猫だ」という弥の言葉を律儀に「猫股」と訂正し、「何か悪いことをたくらんでいる」という弥にものの本質を見ろと説く。

猫はそういうと、けだるそうにあくびをして、前足の上に大きな頭をのっけました。
「ま、しかし、なんですな。キツネ騒動の真犯人も人間だったようで、世の中でいちばん化け物じみとるのは、人間かもしれませんな。それにくらべりゃ、キツネも猫股もかわいいものです・・・」

縁側でくつろぐ猫の姿が見えてきます。
大五郎が「ザ・猫」なので、この話を読んだ後は、身近にいる猫がしゃべりだすんじゃないかと思えてきます。

「わしがここにやってくるのは、ただ松子さんがすきだからですよ。あなたのおばあさんが猫股だろうが、化けギツネだろうが、人間だろうが、そんなことは関係ない。その人のことがほんとうにすきだとわかってさえいれば、あとはどうでもいいことです。毛がはえていようがいまいが、足が二本だろうが四本だろうが、化けようが化けまいが。ちがいますか?」

大五郎が言うようにこの話には、いい人間もわるい人間もいるし、いい猫股もキツネも、わるい水クモの精も出てきます。

結局、属性ではなく個々がどうかで、自分が好きなら相手の属性は関係ない。

猫に言われたらすんなり入ってきます。

 

大切な思い出もいずれ忘れる

この寂しさが好き、というとそれこそ寂しい人間なのだが、輝かしい夏に秋が混じっていく物悲しさはなんとも言えない。

弥の父の言葉が最後に向かって活きてきます。

夏は毎年めぐってきますが、弥の十歳の夏はただ一度きりです

同じように稲荷山を駆けまわっただろう父は、今では都会で休みなく働いています。

大好きな稲荷山も、稲荷山で過ごした日々も忘れたくないと強く思う弥。だけど、弥以外の人たちは知っています。同じ夏はもう来ない、この夏の思い出もいずれ忘れてしまうだろう事を。それが大人になるということ。

おばあちゃんがいう。

「(略)なによりたいせつだと思っていたこと、むちゅうになっていたこと、それがみんな、だんだん色あせてね。そうやってわすれていくからこそ、人間は新しい場所で、新しくくらしていけるんでしょうね」

 

弥の10歳の夏は終わる。また会えるか、とオキ丸に聞いた弥。オキ丸はぽつりと言います。

「おまえが忘れなければ」

ぜったいに忘れない、と叫んだ弥。忘れたくない。それでも少しづつ新しい思い出が上書きされていく。この切ない葛藤が好き。

f:id:karasu-oohasi:20180629181407j:plain

夏休みの思い出は、いつもきらきらしている。あの一瞬はあの時しかなかったのだと、せつなくなる。だけど、これからの夏だって、未来の自分にとっては輝かしいものになるはずだ。

『夏は毎年めぐってくるが、X歳の夏はただ一度きり』

今年も夏が来る。

子供の頃読んだ本『だれも知らない小さな国』佐藤さとる

そういえば、この物語の主人公は子供ではない。これって、結構めずらしいのではないか。

 

『誰も知らない小さな国』佐藤さとる

だれも知らない小さな国―コロボックル物語 1  (講談社青い鳥文庫 18-1)
 

 

小山にひとりで遊びに来ていた「ぼく」は、野菜売りのおばあさんから、小山に伝わる“こぼしさま”の話を教えてもらう。

“こぼしさま”は小指よりも小さな人で、すばしっこくてイタズラ好き。

「ぼく」は“こぼしさま”に心うばわれ、いつか小山を自分のものにしたい、という夢を持つ。

 

ファンタジーで終わらせないファンタジー

普通であれば子供の「ぼく」と“こぼしさま”が出会って、不思議な体験をする、という展開だろうが、『だれも知らない小さな国』はちがう。

子供の「ぼく」が“こぼしさま”を目撃したのはたった一度だけ。その後「ぼく」は引っ越しにより小山から離れ、やがて戦争になる。

戦時中の描写はわずか10行。だが、大人になったからだろうか、今読むとこの数行にどっきりさせられる。

毎日が苦しいことばかりだったが、また底ぬけにたのしかったような気もする。家が焼けたことを、まるでとくいになって話しあったり、小型の飛行機に追いまわされて、バリバリうたれたりするのが、おもしろくてたまらなかったりした。これは命がけのおにごっこだったが、中にはおににつかまってしまう、運のわるい友だちも何人かあった。いまになってみれば、ぞっとする話だ。

これはただのファンタジーではない、と強烈に感じさせる。

 

終戦を迎え、再び「ぼく」と”こぼしさま“との物語がはじまる。大人になった「ぼく」の前に、いよいよ姿を表した“こぼしさま”。今度は「ぼく」としっかり目を合わせ、会話をする。
ここに至るまでの描写が長いので、やっと来た!とワクワクが止まらない。

 

ちなみに「ぼく」が調べ、本人達に確認をとった結果、”こぼしさま“はアイヌに伝わるコロボックルと同じ小人族であると結論づけられる。

この”こぼしさま“改め“コロボックル”の描写がかわいい!

変装のためにアマガエルの皮を着るとか、とても早口で人間が聴くと「ルルルル」と聞こえる、とかがツボ。

f:id:karasu-oohasi:20180620233240j:plain

 

なぜ、コロボックルは大人になった「ぼく」に接触してきたのか。

それは、コロボックルの協力者になってほしいから。

古い言い伝えが忘れられ、生活が脅かされることを危惧していたコロボックル。自分たちを捕まえたり、利用したりしない人間に小山を所有してほしいと願っていたのだ。

なるほど。それでは子供と仲良くなるだけでは意味がない。山を買えるのは大人だ。コロボックルもお遊びじゃなく、生活をかけているとわかる。

 

現実を打開する方法としてのファンタジー

やがて危惧していたことが起こる。村に有料道路をつくる計画が進んでいたのだ。道路の通り道には、コロボックルが暮らしている小山がある。

 

小山を守るために「ぼく」は、いたずら好きのコロボックルにぴったりの方法を考えつく。この方法がまたツボ。

児童書だし、正攻法で人々の良心に働きかけてもよさそうなのに、ここでコロボックルの出番というところが。でも理にかなっていて、誰も傷つけずに解決出来る。やっぱりファンタジーってすごい。

 

一度大人達で決めた計画を覆す難しさ、そこから流れが変わっていく描写がすばらしい。

はじめは、反対する人はだれもいない状態。コロボックルの活動により、村の人の中から少しずつ反対者が出てくる。ただ、村の人の意見が変わっても計画は止まらない。

はじめのうちは、せっかくの村の人の願いも、まったくむだだったような気配だった。

役所にしてみれば、一度きまったことを、そんな一部の人たちの反対だけで、すこしでもかえたくなかったにちがいない。あらためて通り道を考えなおすとすれば、よぶんな人手もかかるし、時間もかかる。むろんお金もかかる。

そのくらいだったら、反対した村の人たちがしょうちするまで、ゆっくりこしをすえ、なんとか、いままでどおりの計画を進めたいというつもりのようだった。

だからコロボックルは、役所の人たちや、“びっくりするくらい遠くの人“にまで働きかける。

やがてーー。

小さな希望の火がぽつりとともった。

土地の新聞が、この問題をとりあげてくれたのだ。村の人のいいぶんと、役所のいいぶんをならべたうえで、役所は手間をおしまずに、思いきって計画の一部を練りなおしたらどうか、といっていた。

これがきっかけになって、役所の中にも、ぼつぼつ同じような意見をもつ人が出てきた。そして、ふしぎなことに、二、三人そういう人が出たあとは、同じ考えの人が、どんどんふえていった。

 みんなが、「じつは、わたしもそのほうがいいかもしれないと思っていたんですがね。」などといって、計画をかえることにさんせいしはじめたのだ。 

どうですか。子供のときにこの文章を読むってすごくないですか。

二、三人そういう人が出たあとは、同じ考えの人が、どんどんふえていった。

ここですよ。

 

一度始まったものを終わらせたり、一度決まったものを覆すのは本当に大変です。

物事がすすんでいると、心の奥底の思いに蓋をするんですね。でも流れを遮ってだれかが声をあげると、自分も実はそう思っていた、と主張できるようになります。

 

むしろこうかもしれません。

そもそもどっちでもよかった。
だいたいの問題は、どちらの立場でもメリットデメリット両方持っています。

自分の中ではどちらがいいかが決まらなくて、流れに合わせて、発表する主張をとり出す。流れの向かう方が自分の考えになる。

「実は前からそう思っていた」と言うのは、その通りなのです。

こういう人いっぱいいますよね。「絶対思ってなかっただろ」とムカっときますが、嘘をついているわけではないかもしれません。

そういう人が多いから、流れをつくったものが勝つ。

 

ここまで子供は読めないでしょう。私も今回読んでみて以上のことを思ったまでです。が、子供の頃にこの物語に触れておくのは意味がある。

 

やっぱり『だれも知らない小さな国』の魅力は、コロボックルが実は周りにいるのではないかと思わせるリアリティで、コロボックルが姿を見せてくれるような心を持った人間になろう、と思わせる描き方です。

でも実はファンタジーだけではなく、人間の良くないところや、社会のしくみを説明しています。

 

大人になったあなた。いま読んでみるとびっくり、どっきりします。

もう一度、読んでみませんか。