大橋の笑いの種

社会をとらえ直すためのブログ(さまぁ〜ず多め)

「タバコの時間」とは何か。喫煙者の世界を理解したい。

喫煙者=カッコイイ ではなく、

カッコイイ人に+オプションとしてのタバコ、だと思う大橋。

f:id:karasu-oohasi:20170407233951j:plain

 

外から見る喫煙者について

タバコを吸ったことがない私は、今まで喫煙者の事を特に考えてこなかった。

周りの人達はそもそも非喫煙者だったり、自分の車の中でだけ吸っていたりで、タバコは私にとってはどこか遠い存在だった。

だから喫煙者のイメージとしては、家族に追い出され夜中に玄関の前で一服しているホタル族や、狭い喫煙スペースにぎゅうぎゅうでひたすらタバコ吸っているおじさん達で、「なんかかわいそう」とは思うものの、特に理解しようとは思わなかった。

 

が、なぜか最近出会う人はがっつり喫煙者。

いくらタバコの値段が上がっても、禁煙ブームで肩身が狭くなっても、止める気配がない。

いっそ潔く思える喫煙者。

最近は数人が集まってタバコを吸っているのを見ると、「なんかいいな」と思っている自分がいる。タバコ吸いながらボソボソ喋っていると、なんだか人生についてとか、世界を変えるような素敵な話をしているように見える。

それに、喫煙者同士はすぐ仲良くなるのだ。喫煙スペースでしか出来ない話が繰り広げられているに違いない。

羨ましい。

タバコを吸わない私は輪の中に入れず、あくまでも外部の人間として接触できるのみ。

 

タバコの時間とは何か。

ずっと前の『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』で、詳細は覚えていないが、確か三村さんが以下のような事を言っていた。

タバコ吸ってる時間は休憩時間じゃないよ!

と。

仕事してる時間、休憩時間、タバコの時間。

それぞれ別なんだそうだ。

非喫煙者にとってはどうも理解出来ない。

ただでさえタバコ休憩はずるい、喫煙者は休憩時間が長いと思っているくらいなのに、「タバコの時間」てなんだよ( ゚д゚)))

三村さんだけじゃないのか、とそのときは思った。だが、確かに

f:id:karasu-oohasi:20170410163610j:plain

というやり取りを何度かしている。

タバコの時間に仕事の話を持ち出すと、無慈悲にタバコは消されてしまうのだ。

非喫煙者の論理

決められた休憩の時間ならば仕事の話はいったんしない。仕事モードの相手なら、資料とか用意して「今お時間いいですか」とお伺いします。

タバコを吸っている時間は、非喫煙者にはない時間な訳で、「いや、休憩時間でしょ!」と言いたくなる気持ちに気づかないふりをしているので、せめて仕事と休憩の間に位置づけられてもいいんじゃないかと思っている。

タバコの時間は「準・休憩時間」。ちょっとした仕事の話をしていい時間。

タバコ吸いながら軽く聞いてくれればいいと思っているので、話しかけたとたんにタバコの火を消されると、結構慌ててしまう。なんだか楽しみを邪魔する面白くない奴になった気持ちだ。

 

ここに喫煙者と非喫煙者の「タバコの時間」に対する認識の違いがある。

 

「タバコの時間」を非喫煙者は理解することが出来るのか。

喫煙者がどう「タバコの時間」を過ごし、どういう心境でタバコの火を消すのか、突き詰めて訊いてみたい。

もしかしたら最近の禁煙ブームで、向こうの方が気をつかって消してくれているのかもしれない。仕事しろって思っているかもしれない、と、思われているのかもしれない。

喫煙者の気持ちを本当に理解することは、私にはできないのだろうか。

何かに例えることはできないのかな?

トイレの個室にいるときに話しかけられる状況と似ているとか?

 

誰か教えてほしい!!

 

けれど、訊いたら「タバコ止めろっていう事か!」と喫煙者を追い詰めそうなので聞けない。何気に繊細ですからね、喫煙者は。

 

とりあえず、喫煙者と共存するためには

喫煙者は仕事の時間とタバコの時間、休憩時間をきっちりと分ける。」

という三村さんの言葉を胸に、もう二度とタバコの時間を侵害しないように気を付けようと思う。