大橋の笑いの種

社会をとらえ直すためのブログ(さまぁ〜ず多め)

ハトと私と春と。

どうも、大橋です。

ひとりで過ごしていると、些細なことで嬉しくなったりします。

 

f:id:karasu-oohasi:20170403002337j:plain

※エサを待っているだけ。

 

ハトの熱い視線が、私に向けられている。むず痒い。こんなに注目されるのは久しぶりだ。期待に応えたい!

 

だが、パン屑を落とせば、たちまちハト達の興味はパン屑に向いてしまい、私の事はどうでもよくなってしまう。

そう、私のことを一心に見つめてくるのは、私がパンを持っているからなのだ。

パンを持っていない私には、特に興味がない。悲しいけれどそんな事は分かっている。

それでも、今この瞬間の熱い視線を独占したい。私の事を見てくれていると思いたい。

 

だから私は、パン屑を落とさないようにパンを食べる。

 

そんな春。